読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クズ人間が生きる希望を探したい。

闇落ちしている技術職が書いている。厨二病/メンヘラ感ありますがいたって真面目に考えていることを書いています。

性格が悪くなったのはどのタイミングだろう、そして

ブログすっかりご無沙汰になってしまった。

ブログ書かないときは、たぶん心の中にもやもやが少ないときなので、精神衛生上は安定しているタイミング。そしてまた書こうと思ったのでいまはまた不安定になってきたタイミング、ということだろう。

 

最近自分の

性格が悪いなあ、と思うことが多い。主として平日の仕事が終わって職場を脱出したときが多いんだけど、自分以外の人がまだ忙しくて残業しているときとか、そう感じるみたい。そういうときは心の中で「僕はひとの仕事を手伝うなんて絶対しないぞ。自分が振られた仕事だけしかやらないし、極力仕事を振られないように立ち振る舞うぞ」と自分の心に言い聞かせる。

 

昔は

僕も社会人になりたての頃、というか、まだ学生の頃かな、「人が生きていくんだからだれか人と関わって良くも悪くも影響を及ぼさないとね」「ITで人々の生活はもっともっと豊かになるんだ、豊かにするんだ」なんて大変意識の高いこともあった。じゃあいつから前項のようなクズさを発揮するようになったんだろうとふと疑問に思ったわけです。

 

最初の変化

社会人になって1回目の転機となり得る出来事は間違いなく社会人1年目後半のうつ病発症~通院開始なのだろうけど、この頃はまだ僕は意識高い系だった。2年目前半くらいにうつ病を原因として医療保険に加入できない事実を突きつけられて、ああ、病気になると助けてもらえなくなるんだ、なんてちょっと絶望したけど、2年目後半の休職のタイミングでもまだ意識は高かった。情報システムに携わる人間として活躍する未来は夢見てた。

じゃあどのへんから意識が変わっていったかといえば、やっぱり1社目の会社を辞める直前ぐらいにひとつ大きな変化があったと思う。当時は一生懸命頑張ってやっていた反面、周囲のルールや規則を守らない人たちがいることが見えてきて、なんで自分がこんなクソ真面目にやって苦労しなきゃいけないんだろう、なんて思っていた。そんなときだいぶとばっちりをくらって意味が分からない方向から自分に不利益をふっかけられそうになった。その出来事はある社内のひとから内線電話でかかってきたのだけれど、その時僕はブチ切れて「もうこの仕事を続けられません」と言って受話器を放り投げ、文字通りその半年後に退職しました。

 

2度目の変化

2つめの会社に入って、1年くらいは、苦労はしたけど、1年でここまで来たとは思えないほど社内での地位を確立していたように思う。自分で言うのもおかしいけど。結果としてすごい量の仕事を持つようになっていた。断れない自分が悪かったとは思うけど、当時まだ僕は「人のためになりたい」と思っていたので、一生懸命やってしまっていた。

だんだん体調は悪くなってくるし、正直職場を離れることが全く出来なくて、歯医者に行くのに勤務あがらなくて職場からタクシーで往復するとか訳の分からないことしてた。そのうち人事制度上の問題も見えてきて、大丈夫がこの職場…とおもったり。

このころ自分の考え方が間違ってるっていうか、もう自分の子とは自分で守らないとだめだな、と思うようになった。

ただ、当時の職場ではもう仕事を受け付けるキャラで定着してしまったし、職場に対して自分の中でいろいろと法的な課題も見えてきたので、もうこの職場にはいられないな、と思った。そして、退職。

 

そして、いまの職場では徹底して自分を守ろうと思いました。自分が働くのは給料のため、ただそれだけ。人のために働くわけでもないし、自己実現なんてものは考えもしない。とにかく就業規則に定められた中で、働いて、早く帰るキャラになろう。

人のために働いたとして、だいたいその相手も自分のことしか考えていないから、いいように使われてポイされる。極力人とかかわらないこと。かかわるときは明に契約を介すること。ただし、日本の雇用契約はぼんやりしているので職場の人を信じたりしてはいけない。

 

番外編

番外編として、1つめの会社にいた頃に会社とは別にあるコミュニティ活動に関わっていて、それがつらかったという思い出もある。コミュニティ活動だから、出来る範囲で活動するという原則なのだろうけど、当時僕は立場上もある程度責任を取らなければいけない立場でもあって、ただその責任感をもってがんばろうとするとやっぱり自分の首を絞め続ける結果になった。つらかった。

ああ、自分が責任を取ろうとするとそれはとても辛いことだし、そもそも自分のとれる責任なんてたかがしれている。

とれない責任は負わないようにしよう。お互いのため。それが仕事か否かにかかわらず。これもいまのポリシーになってると思う。

 

 

ああ、文字に起こすと完全にクズ人間ですね。

昔のとてもキラキラしていた自分はどこにいってしまったのだろう。

ただ、もう一度意識を高く持とうなんて、思わないかな。あまり人と深く関わろうと思わない。

 

だけど、いまこころを許せる相手はこの世にほんの少しだけいて、学生時代の同級生です。本当に、家族以上*1に自分の多くを知っていて、受け入れてくれている(と勝手に思っている)。感謝しかない。同級生に見放されたら、僕はもうダメだろうな。死ぬかもしれない。

*1:親含め家族よりも、学生時代の同級生の方が心を許してると思う。